Medimaga|メディカのオンラインマガジン

すべての医療従事者を応援する
オンラインマガジン配信プラットフォーム

第10回 下肢静脈エコーの基礎technique!と一歩進んだtechnique!

症例から学ぶ ビギナーのための血管超音波検査テクニック/エキスパートのための血管超音波検査テクニック

第10回 下肢静脈エコーの基礎technique!と一歩進んだtechnique!


下肢静脈エコービギナーのための基礎technique!

 

東北大学病院診療技術部 

生理検査部門生理検査センター

船水康陽


 下肢静脈エコーの依頼目的として深部静脈血栓症(deep venous thrombosis:DVT)、静脈瘤(varix)、血栓性静脈炎などの評価がありますが、今回はDVTにスポットを当てて、ビギナーのためのtechniqueとエキスパートのためのtechniqueについて解説します。


 下肢静脈エコーに限らず血管エコーでは 「プローブのchoice」「装置のtuning」「走査technique」が重要であり、診断精度に大きく影響を与えます。日常業務では、これらを同時に駆使し臨機応変に「考え」「評価」しながら走査を進めることで、さまざまな症例と遭遇した場合に的確かつ精度の高い検査が可能となります。

症例から学ぶ ビギナーのための血管超音波検査テクニック/エキスパートのための血管超音波検査テクニック

本連載は、血管エコーに従事する、もしくは今後血管エコーを行っていく検査技師の方をメインの対象者としてしている。ビギナーの方にも、エキスパートの方にも、どちらの方にもすぐに現場で役立てていただけるよう、執筆者には1回ごとに基本と応用(症例)を掲載し、1回で読み切れる内容にまとめていただいている。血管エコーについて、「エキスパートの独自のテクニックを知りたい」「他施設でどのようにしているのかを知りたい」「画像(動画)を見たい」という方には、血管エコーについて深く学べるお勧めのコンテンツである。

324円/1記事(税込) 毎月15日発行

筆者プロフィール

三木 俊/八鍬恒芳/川﨑俊博ほか

三木 俊(東北大学病院)/八鍬恒芳(東邦大学医療センター大森病院)/川﨑俊博(西宮渡辺心臓・血管センター)

三木 俊/八鍬恒芳/川﨑俊博ほか

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク