Medimaga|メディカのオンラインマガジン

すべての医療従事者を応援する
オンラインマガジン配信プラットフォーム

第6回 高血圧性心不全を診る

第6回 高血圧性心不全を診る


心筋症・高血圧 

ビギナーのための超音波検査テクニック

 

西宮渡辺心臓・血管センター 臨床検査技師 前田理瑠/

西宮渡辺心臓・血管センター 臨床検査科・臨床工学科・放射線科統括部長

川﨑俊博


 2006年にアメリカ心臓協会(American Heart Association:AHA)による心筋症の分類が発表され、病変の首座が心臓にある一次性心筋症と全身疾患の心臓病変である二次性心筋症に大別し、さらに一次性心筋症を遺伝性、混合性、後天性に分類しました(図11)

 日本では、1985年に作成された『心筋症の診断の手引き』で「特発性心筋症」を拡張型心筋症、肥大型心筋症、拘束型心筋症の3型に分類しており2)、拡張型心筋症は、高血圧や弁膜疾患、冠動脈疾患などの基礎疾患が存在しないにもかかわらず、左室の拡大とび漫性収縮障害をきたす疾患と定義されています。拡張型心筋症と臨床的に類似している疾患として、虚血性心筋症、高血圧性心筋症、肥大型心筋症拡張相、心サルコイドーシス、心筋炎などの二次性心筋症があります。日常的によく遭遇する高血圧性心筋症のエコー所見について説明します。

この続きは購読(有料)をすると読むことができます。
初めてご利用の方は新規会員登録
既にMedimagaにご登録済みの方はログイン

症例から学ぶ ビギナーのための血管超音波検査テクニック/エキスパートのための血管超音波検査テクニック

本連載は、血管エコーに従事する、もしくは今後血管エコーを行っていく検査技師の方をメインの対象者としてしている。ビギナーの方にも、エキスパートの方にも、どちらの方にもすぐに現場で役立てていただけるよう、執筆者には1回ごとに基本と応用(症例)を掲載し、1回で読み切れる内容にまとめていただいている。血管エコーについて、「エキスパートの独自のテクニックを知りたい」「他施設でどのようにしているのかを知りたい」「画像(動画)を見たい」という方には、血管エコーについて深く学べるお勧めのコンテンツである。

324円/1記事(税込) 毎月15日発行

筆者プロフィール

三木 俊/八鍬恒芳/川﨑俊博ほか

三木 俊(東北大学病院)/八鍬恒芳(東邦大学医療センター大森病院)/川﨑俊博(西宮渡辺心臓・血管センター)

三木 俊/八鍬恒芳/川﨑俊博ほか

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク