Medimaga|メディカのオンラインマガジン

すべての医療従事者を応援する
オンラインマガジン配信プラットフォーム

第8回 認知症のせいでいろいろなところに排泄してしまう。おむつからも尿漏れがある……。

「むつき庵」浜田きよ子が説く! ナースのための排せつケア道場

第8回 認知症のせいでいろいろなところに排泄してしまう。おむつからも尿漏れがある……。
○はじめに


 今回は、担当している人の「認知症のせいでいろいろなところに排泄してしまう。おむつからも尿漏れがある……」という看護師のお悩みをご紹介します。そのなかで、排泄日誌をつけたり、ほかの疾患・症状による原因を考えたり、自然排便ができるようにする工夫を行うといったことや、おむつのインナーやアウターの組み合わせといった視点から、排せつケアを行うことについて説明しています。また、コラムでは、看護師で臨床哲学専攻の西川 勝さん(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任教授)と浜田きよ子先生による対談記事『他者と自己の関わり』の「異なる人たちの断片に触れる」ケアをめぐる一節を紹介しています。まずは、看護師の悩みごとを聞いてみましょう。


○1.看護師の悩みごと……


 認知症治療病棟で勤務している看護師です。2年前に入院してきたアルツハイマー型認知症のAさんは、ベッド上で立ち上がったり、急に走り出したりするといった危険認知の低下がありました。そのため、畳に布団を敷いて環境を調整し、所在確認なども再三行いながら安全に配慮してケアを行ってきました。Aさんは、布パンツで下着を汚すことはありませんでしたが、畳の上に放尿したり、廊下のつきあたりや誰もいない食堂の隅にしゃがみ込んで排尿・排便をしたりすることがありました。
 半年前に転倒して腰椎圧迫骨折を起こし、ADLが徐々に低下するなか、下着を汚すようになったため、紙パンツをはくようになりました。今は車いすの生活となり、起床時、毎食後、10時、14時にトイレ誘導を行いますが、うまく排泄のタイミングが合わずパンツに出て、ズボンを汚すたびに更衣をしています。夜間の排尿量も多く、一度目を覚ますと眠れなくなり、朝まで大声を出し続けるため、なるべく起こさないようにテープ止めに大きい尿とりパッドと小さい尿とりパッドを重ねてあてています。しかし、それでも漏れるため、全更衣や布団の交換をしています。Aさんの抵抗が激しく毎日繰り返されるため、職員も疲れてきています。 

○2.アセスメント―Aさんの状態を評価する


〈Aさんの状態〉

・年齢/性別:82歳、女性。

・家族構成:夫は他界。長女がキーパーソンで1~2週間に1回ほど面会があります。面会時には、持参したヨーグルトやプリンを食べさせてくれます。

・現病歴:15年前に夫が他界してからは、一人暮らしをしていました。7年前より、同じ話を繰り返すようになり、アルツハイマー型認知症と診断されました。グループホームで生活していましたが、不眠、徘徊、暴力行為が現れたため、当院に入院しました。認知症レベル Ⅲa、ADLレベル B1です。

・身長・体重:156cm、43kg。

・食事・水分摂取・嚥下機能:自力では食事を丸呑みしたり、詰め込んだりしていて、過去に3回、窒息しかけたことがあります。現在は、全介助で全粥大盛り・軟菜刻みを毎食、全量摂取しており、食欲はあります。水分摂取は1日1,200mLをコップで飲用しています。

・排尿:尿意はありません。トイレに座っていきんでも、排尿がないことが多いです。トイレ誘導のときにぬれた尿とりパッドを交換していますが、排尿量が多く、衣類やシーツまで汚染があるため、再三交換しています。

・排便:便意はありません。3~4日ごとにグリセリン浣腸を使用しており、トイレに座ると有形便が多量にあります。

・排泄用具:日中はパンツ型紙おむつと中パッド1枚で、トイレ使用。夜間はテープ止め紙おむつに大パッド1枚と小パッド1枚を重ねて使用しています。

・入浴:2回/週。リフト浴ですが、動きが激しいため、2人で介助しています。

・活動と休息:車いすでは、いつも右下肢を前に足を組んで座るため右前屈姿勢となっています。そのため、右前にテーブルを置いてクッションで傾きを支えています。夜間臥床時は寝返りを打てますが、おむつ交換時はからだを丸めるため、テープ止めをあてにくくなっています。

・コミュニケーション:意思疎通は可能ですが、発する言葉は単語のみです。普段は「あー」と意味のない大声を上げることが多いです。しかし、昔覚えた歌唱を伴奏つきで歌います。


「むつき庵」浜田きよ子が説く! ナースのための排せつケア道場

 病院・在宅の患者さんが、心理的な悩み、薬剤の服用、あるいは認知症など、さまざまな要因から十分な排せつケアを受けられていないなか、おむつや排せつ用具を用いてできる最良の排せつケア・看護とはどのようなものでしょうか?
 看護師・訪問看護師が抱えるおむつケア・排せつケアへの悩み事に対して、「その人にとっての気持ちよい排せつ」をモットーに排せつケアの研修・講習を全国地で開催し、排せつ用具の情報館「むつき庵」を運営する浜田きよ子先生が、患者さんにとって本当に求められている排せつケアの考え方、ノウハウをしっかりとアドバイス。これまで14年にわたって蓄積してきた排せつの症例検討と指導の経験をもとに、浜田きよ子先生が皮膚・排泄ケア認定看護師、認知症認定看護師、訪問看護師、理学療法士、薬剤師、保健師などの先生方と一緒に、おむつ・排せつ用具の使い方だけでなく、医療、住環境、食事、そしてそのご家族との向き合い方などについて、全人的な視点から読者の皆さんに伝授します。さらに「むつき庵」が主催する「おむつフィッター」のおさらいもできますし、浜田きよ子先生とケアの最前線で活躍する専門家による対談のコラムもついています。
 病院でも、在宅でも、患者さんの排せつやスキンケアにじっくりと向き合いたいナースの皆さま、看護だけでなく介護の視点も踏まえた新しい「排せつケアのグッドデザイン」を一緒に考えていきましょう!

324円/1記事(税込) 毎月1回15日発行

筆者プロフィール

浜田きよ子

排泄用具の情報館「むつき庵」代表・高齢生活研究所所長

浜田きよ子

排泄用具の情報館「むつき庵」代表、高齢生活研究所所長、福祉住環境コーディネーター協会理事、NPO 快適な排尿をめざす全国ネットの会理事。同志社大学文学部社会学科卒業。2005年、「京都府あけぼの賞」を受賞。2007年、日本認知症ケア学会「読売認知症ケア賞・奨励賞」を受賞。主な著書に、『介護をこえて~高齢者の暮らしを支えるために~』(NHK 出版)、『排泄ケアが暮らしを変える~百人百様の老いを支えて~』(ミネルヴァ書房)、『ヘルパー以前の介護の常識』(講談社)、『高齢者のQOLを高めて介護者の悩みも解決! おむつトラブル110番』(メディカ出版)、ほか多数。

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク